忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少しはマシになったものの、一昨日から小ウキキのおケツが真っ赤に腫れている。
海水浴場でヤンチャしたのがいけなかったのかな…と、思いつつ皮膚科に連れて行った。

名前が呼ばれて診察台の上で小ウキキのおケツをまくった瞬間にお医者が
「オムツかぶれですな。」
と言って奥へ引っ込み、3秒で終了した。

そこへ、ご年輩のナース登場。
前回、別件で診てもらった時にこのナースに
『え?え?なんでそんなことするの?』
と思うようなことをされたのだけど、今回も例外じゃなかった。

むき出しにした小ウキキのおケツがちょっと汚れていた。
ナース:「子供さんのおしりを拭きますか?おしりふき持ってますか?」
と言うので、「はい。」と答えると、
「診察台をあげましょうね。」
「え?はい?!
と、同時にウィーン!!!!!と診察台が電動でどんどん上にあがってゆく。
小ウキキはオムツを中途半端にフトモモまでおろした不安定な状態で診察台の上に立っていたのに、いきなり診察台をあげられたものだから私の支えがあっても前に倒れそうになるし、足元が移動する恐怖で泣き出すし。
「お母さん、子供さんを落とさないでねー!」
なぜ、上にあげるの?!!!!

私の胸くらいの位置に小ウキキのケツがくる状態で診察台は停止した。

…本当に?これ、現実の出来事?
むしろ、デンジャラスで、やりづらくなったんですけど…。

私は小ウキキが落ちないように抱きとめている状態なのに、さらにそのナースは、私が肩にななめがけしていたカバンを引っ張ってはずそうとする。
「え?え??なんですか?!」
「おしりふき、この中にあるんでしょ?!」
小ウキキを抱きとめていた私の腕をそのナースがひっぱがして、カバンをはずし、私に
「はい。」
と、カバンを渡してきた。

むしろ、カバンを肩にななめがけしていたままのほうが、カバンから『おしりふき』をサッと取り出せたのですが…。

そしてナースは3歩下がり、恍惚とした表情でこちらを見守っていた。

私はおしりを拭くどころではなく、泣いて暴れる小ウキキが診察台から落ちないように抱きとめているのでどうにもできない。
別のナースさんが察して、おしりふきを取り出して小ウキキのおしりを拭いてくだすった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]