忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 朝、一緒に来た知人は仕事。その間に私はのうのうと市内観光だ。
まずは、ただ100名城スタンプをもらうためだけに広島城へ行った。
DSCF6071.jpg
 人生で3度目くらいの広島城。
城主の福島正則が改易になった時に、森忠政も接収しに来たというよしみで、広島城は立派な森家史跡ではある
 スタンプを押して広島城を脱出。広島市中央図書館で企画展 「描かれた古城 -浅野文庫所蔵『諸国古城之図』総覧展-」があってるのを知り、そっちへ行ってみる。
 その後は当初から予定に入れていた広島県立美術館で特別展『愛のヴィクトリアン・ジュエリー展―華麗なる英国のライフスタイル―』を鑑賞。自分には一生縁がないランクのジュエリーの数々に目をキラキラさせてしまった。

 一連の社会科見学を終え、「そろそろお腹がすいてきたのでお昼ごはんを。」と思うのに、駐車場のある店を見つけきれずに断念。コンビニもたくさんあるのに駐車場がまったくない罠。
広島城から美術館までの見学時間にかなりの駐車場代がかかったので、もう、意地でも今日は有料駐車場には車を停めたくないのだ。
『そっちがその気なら、私はもう昼ヌキでいいや!』と、車でそのままま比治山公園に登った。山の上の駐車場なら駐車代もタダであった。だが、食事する場所が徒歩圏内にないのでやはり昼ヌキの事実は変わらない。

 ところで私の母方の祖父は戦時中にこの広島の比治山の部隊にいた。
東京で開催されるガスマスク研修に祖父が行かされて、原爆の難を逃れている。
それがなくば私もこの世に生まれていなかったのだから、ガスマスク研修に感謝せねばならない。
 祖父が研修者に選ばれた時に「東京は空襲がたくさんあるというから死ぬかも知れない。」と言っていたら、隊長さんから「いいことあるさ。」と励まされたらしい。
 原爆で祖父の部隊は全滅。祖父を励ました隊長さんも、この比治山で亡くなられている。
祖父が生前繰り返し語っていたこの比治山と隊長さんとガスマスク研修の話。そんな祖父の思い出の詰まった比治山には、まんが図書館があったので入っていってなんとなく昔懐かしい『炎のアルペンローゼ』を読んでいたけど、いい時間になっても知人の連絡がこない。唯一の連絡手段のiPhoneを出して見れば「圏外」になっているので、これはマズイ!と慌てて比治山を降りた。Σ(゜□゜;

 知人とも連絡がついて、まだ30分くらい自由になる時間があるとわかり、『敵は本能寺にあり!』とか明智光秀に言わせたことで有名な頼山陽に関する資料を展示する頼山陽史跡資料館へ行ってみる。
 ガラス張りの入口の扉を除けば、エントランスにはぎっしりと椅子が並べられてギャラリーぎゅうぎゅうで琵琶講座があっており、どう見ても入りこめないので私はそのまま踵を返して出ていくと、資料館の人が「入ってもいいんですよー。今日は、山陽先生の好きな平家物語の琵琶の講座があってるんですけど、入っていんですよ。」と追ってきてくだすった。そして、でっかい植木鉢をまたいで無理矢理に扉を抜け、展示室に案内される。
DSCF6084.jpg
頼山陽史跡資料館 

 その後、無事に知人と合流して、知人の要望で、安芸郡府中町にある村山聖・棋士9段のお墓参りに行った。
とはいえど、夕方にさしかかり車で山道を登っているうちにさらに暗くなってゆくので焦る。
で、ようやく山頂近くの墓苑に到着したものの、敷地が広く、段々畑のような場所ごとにたいへんな数の墓が並んでいて、どこに村山くんのお墓があるのかわからない。ちょ!!!ウォリーを探せレベルじゃないのか!!
Σ(゜□゜;
 知人と手分けして村山家のお墓を探す。そうしている間にも夜のとばりがおりて真っ暗になってゆく。こんなピンチは長宗我部信親の墓探し以来じゃないか!しかも今度は形で区別のつきにくい現代墓。
一通り墓を見て回ってもわからず、2週目にして知人がお墓を見つけ出した。村山家のお墓には脇に、将棋の形をした石があった。
 完全に夜の墓場でiPhoneの光でお墓参りとなったが…なんとか見つけられてよかった。
そんな広島での夜。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 突然のご連絡申し訳ありません
突然のご連絡申し訳ありません。
私はNHK大阪放送局でディレクターをしております小林宏太郎と申します。

現在、NHK大阪では「クローズアップ現代+」(月曜~木曜22:00~22:25<全国放送>)という番組で、「夭折の棋士・村山聖」をテーマに取材しています。

取材の過程で、貴殿が2010年11月7日のブログにて、故村山聖さんのお墓をご友人の方と探されたという記述を拝見させていただきました。
誠に勝手ながら、ぜひ直接お話をお伺いできないかと、ご連絡させていただきました。

突然のお願いで、本当に申し訳ございませんが、
記載したアドレスまでご連絡いただければ幸いです。

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
小林宏太郎 2016/08/26(Fri)01:35:47 編集
» 小林宏太郎様へ:
コメントどうもありがとうございました。
村山聖さんの特集、とても楽しみです。

先ほど、小林様のアドレス宛にEメールをお送りしました。
よろしくお願いいたします。
うきき 2016/08/26(Fri)09:20:48 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]