忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の旅程
京都駅→地下鉄(今出川駅下車)→仏陀寺→阿弥陀寺→JR京都駅→JR安土駅→安土城郭資料館→安土城天主「信長の館」→安土城考古博物館→安土城跡→JR安土駅→JR近江八幡駅→宿

夜行バスで金曜日夜に福岡を出発し、今朝、京都に到着した。
無事に仕事も辞めて、久々にモリモリできるのである。

今回の目的は
『森可成も登ったあの雲雀山に登ろう!』o(^▽^)o
である。

 予定では本日は京都と安土をめぐって近江八幡で宿泊し、明日にはお城仲間ズと合流して一緒に雲雀山にのぼり、ついでに小谷城にも登ろうかと思う。


 今朝は京都駅のロッカーにキャリーバッグを預けて地下鉄に乗り、今出川駅から歩いて仏陀寺への参拝することから始まった。
仏陀寺は森家に関係あるのかと以前から気になっていた事を確認したくてお参りしたのだけど、結果としてよくわからなかった。と、いうより関係がない気がしてきたので詳細を書かない。

DSCF5347.jpg
仏陀寺


 偶然にも仏陀寺のご近所が織田信長と森蘭丸・坊丸・力丸のお墓のある阿弥陀寺だ。どちらも住所は「鶴山町」である。
久々に皆さんのお墓参りをしてきた。
すると小雨が降り始める。

DSCF5377.jpg
阿弥陀寺にある森三兄弟の墓
3人の間になにか別のお墓が。

 京都駅に戻った頃には雨はあがったよし。
そしていざ、安土に移動しようとするのに、京都駅の中の どのロッカーに荷物を預けたのかわからなくなってロッカーを求めて小一時間ほど京都駅構内を徘徊した
そんな、魔界都市・京都。

 
 無事にキャリーバッグをコインロッカーから取り戻し、ようやく安土駅に移動した。
最初に訪問した安土城郭資料館には、動く縮小サイズ安土城天主があるほか、近年誕生せしゆるキャラの「らんまる君」たちのグッズがある。
紙で作るらんまる君の帽子なんかもあったけどこれは買わなかった。
バッヂや絵葉書など、大人のお買い物の範囲でらんまる君グッズを購入した。

DSCF5392.jpg
安土城郭資料館のグッズ販売
らんまる君グッズが充実

ちなみに、購入したのは主にこれ。

162.jpg161.jpg160.jpg


 その後はレンタサイクルで青空の下で安土をかけぬける。
買えばよかった、らんまるくん帽子♪
自宅でなら、なんとかかぶれる らんまる君帽子~チリン♪チリン♪

入館料惜しさにご無沙汰していた「信長の館」に久々に入ってみた。
安土城天主の5階と6階だけを原寸大に作ってみたシュールな館である。内装は豪華に金箔も貼って、品格を失わないキラキラ天主になっている。
むしろお目当てはこの天主よりもミュージアムグッズだった我。
天童市にある信長の肖像画のポストカードを購入した。

次に安土城考古博物館に入館した。
秋季特別展「信長×信玄 戦国のうねりの中で」を観る。
森度が低かったが、日頃目にするチャンスのない武田方の貴重資料がいくつか展示されていたので嬉しかった。

DSCF5421.jpg
安土城考古博物館
「信長×信玄」とかけ算してるのかと思ったら刀のマークだった。

そのあとには、いよいよ安土城跡に登る。
お時間の都合で織田信長公本廟天主跡まで一気に登ってしまった。

DSCF5404.jpg
安土山
安土城があったお山
DSCF5427.jpg
安土城の伝・森蘭丸邸址
敷地はもっともっと奥のほう(立入禁止)。

 安土城跡で肺の空気を総入れ替えしていたその時である。
出張で別行動していた夫が、本日の合流地点の近江八幡駅にまもなく到着すると連絡してきた。
私も大慌てで近江八幡に向かうべく安土駅に戻る。

でも、安土の田んぼの中で必死に自転車をこいでいた時に、乗る予定の列車がプオーンと走り去るのを見てしまった。邪魔な建物がないので、列車が走り去るのが遠方からでも、すごくわかりやすいヨ!!

かくして1時間に2本しかない電車に乗り遅れてしまい、
『嗚呼。こんなことならもっとゆっくりと安土城にいればよかった。』
と切なくなった次第。

 夫とは無事に近江八幡駅のホテルで合流。
夕食は大大大大奮発で近江牛の高級レストラン「ティファニー」に行ってみる。
恐れ多くもトレッキングシューズで入ってしまった。
そして、口の中でとろけるジュースィーな近江牛をコースでこれでもかと満喫した。
私の横で誰かが
「グラコロ グラコロ グラコロ グラコロ グラコロ!トントントン!グラコロ!トントントン!」
と歌っても、まったく気が散らないほどにジュースィーな近江牛に夢中になった
(いや、グラコロを歌ったりする人いないけどさ)。

554d82e9.jpeg
ジュースィー近江牛

 そしてその夜。
高級メニューに慣れない私の胃が近江牛詰め合わがやってきたのに驚いたのか、胃がもたれてもたれて眠れないのであった…。

RANMRU!サイトの旅行記にはもっと詳細を書きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]