忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 兼山の古文書の師匠に宛てて先日、『このたびは兼山の蘭丸供養祭に行けなくなりました』と書き綴った私の手紙にお返事がきた。
その師匠の手紙の中に『鶴首して(待つ)』という表現があり、辞書を引くと


かく‐しゅ 【▽鶴首】
[名](スル)《鶴のように首を長くのばす意から》物事や時日のやってくるのを今か今かと待ちわびること。「―して吉報を待つ」


という意味なんだね。
森家の家紋が鶴丸紋ということによる師匠の遊び心も入っているような気がする。
素敵なので、私も今度から「鶴首して待つ」を使うことにする。

と、いう訳でまた兼山に行けるチャンスを鶴首して待つ我なり。
また、味噌煮込みうどんを食べる日を鶴首して待つなり。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]