忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100均の手ぬぐいで赤ちゃん用の夏物ズボンを作るのが流行っているらしい(当方の偶然の調査による)。
なるほど、赤ちゃん用には手ぬぐいサイズの生地で十分だし、手ぬぐいだと四辺はもうすでに縫ってあるので始末がしやすい。

汗っかきの小ウキキは夏場は本当に着替えが多い。
こちらが油断したら、すぐに海水でも浴びたように全身ベタベタになってしまうので、日中も何度か小ウキキをバスルームに担いで行き、シャワーをぶっかけている日々。

小ウキキが気軽にどんどんお着替えできるように、夏ズボンが何着もほしい。
そういうことで、私も手ぬぐいスボンを作ってみることにした。

岐阜県可児市兼山で入手した
『森蘭丸』という巨大な文字が大きく入った手ぬぐいを引き出しから出していたら、夫に
「え?それで作るの???」
と言われた。

え?私がこの森蘭丸ネーム入り手ぬぐいでズボンを作って小ウキキにはかせるのが嫌なのですか?

夫:「いや、手ぬぐいがもったいない…と思って。」

森蘭丸ネーム入り手ぬぐいは家の中を探せば10枚はあるから惜しくはないけどね…。
でも、森蘭丸手ぬぐいを使うのは保留にして、まずは試作品の意味で100均の和柄の手ぬぐいでズボンを縫ってみた。
型紙もないので、ネットで他の人の作品を見て
『こんな感じで作ってるのかな?』
と想像して作ってみると、意外と時間がかかった。
手縫いで2時間くらいかな。

履かせてみたら、小ウキキには、ぶっかぶか~。フワッフワッの風呂敷包みを下半身に装着しているような感じで、ズボンを履いているようにすら見えない。

だ、だめだ。私の能力では想像力だけでズボンを縫えない。
やっぱ…型紙がほしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]