忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 化粧水を防腐剤なしの手作りで作るために、材料のひとつである「グリセリン」と「尿素」を薬局で買い求めた。化粧水に尿素を入れてみるのは初の試み。(^O^)♪

薬局屋さん:「尿素はございません。」

あっさり計画が潰えた。尿素はないらしい(他の店を探す気なし)。
なので、今日はグリセリンだけ買い求めた。今回は尿素を配合せず、”水”と”グリセリン”と、”にがり”だけでまたいつもの化粧水を作るとするか。

で「このサイズでよろしいですか?」と、薬局屋さんが100mlのグリセリンを出してくる。
他にどんなサイズがあるのか尋ねたら、よいしょ!となんか業務用みたいなボトルを持ち上げてくるから
「ムリ!ムリ!ムリ!これで(100ml)いいです!」と、可愛い買い物をした。

で、帰宅して食後に化粧水を作ろうとして、何気にグリセリンの箱を眺めていると
『浣腸にたよりすぎないよう注意すること。』と箱に書いてある。はへ?Σ(゜□゜;
あ、あれ?私はグリセリンを買ったんじゃなかったっけ?間違えて浣腸を買ったのか??
と、商品名を再確認してしまったじゃないか。
『グリセリン』
…間違った買い物をしてはいないよな。
と、安心してもう一度箱を読むと『2倍に希釈し、直腸内に注入する。』『浣腸にのみ使用すること』と書いてある。
 今度は化粧水のレシピを再確認したけど、やはり必要なものはグリセリンで正しい。だが肝心のグリセリンのほうは『浣腸にのみ使用すること』と言っている。

 箱の説明はハウツー浣腸が大部分を占めているが、全部読んでみると、片隅に

(外用)ひび・あかぎれ 用法:脱脂綿・ガーゼ等に浸して幹部に軽く塗る。

という文字があるので、このグリセリンを化粧水の材料として使って大丈夫なんだよね?今まで使っていた別会社のグリセリンにはたぶん、浣腸の浣の字も書いてなかった気がするから不安が押し寄せる。
グリセリンにも何種類かあって、浣腸専用とか、化粧水専用とかあったりして、これが浣腸専用だったらどうしよう。
 今思えば、薬局屋さんは、私が浣腸を求めて店に来たと思っていたのだろうか。そして浣腸ゆえにあの業務用ボトルが出たのか…。

グリセリンよ、汝をいかんせん。お前は私が求めているグリセリンなのか???
今日はとりあえず化粧水作成を中止。
私は化粧水と称して浣腸をにがりと混ぜ合わせて顔に塗り、浣腸パッティングする運命になるのであろうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]