忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の旅程
兼山(武者行列見学)→可児市郷土歴史館→蓮台城近く→岐阜城近く→岐阜駅(黄金の織田信長像)

今日は嬉しくも森家100%の日となる。
 
朝から森一族の故郷である可児市兼山へでかけた。
いつもは麓から登る金山城だけど、今日はズルをしてレンタカーで金山城の出丸まで一気に登った。
朝一番の兼山の空気をお腹いっぱいに吸い込み、体内にあったどす黒いものを吐き出して全身を換気。

DSCF1282.jpg
DSCF1277.jpg
DSCF1303.jpg
朝の金山城跡

 下山後、まずはいつも通りに森家の菩提寺である可成寺にお参りをして、今回もここへ来れたことに感謝。

DSCF1316.jpg
森一族の菩提寺 可成寺

その後、蘭丸らの母の眠る常照寺にもお参りをした。

 森一族のお墓お参りが終わってから本日のイベント蘭丸武者行列の参加者の皆さんが着付け準備している会場に顔を出してみた。
するとすでに着付け会場の表玄関のところに安土城のキャラ「らんまる君」がいた。

DSCF1360.jpg
「らんまる君(右)」と「バラんまる(左)」くん
97b2c501.jpeg
 
「らんまる君」の後ろ姿
櫛どおりなめらかそうなポニーテール。

私にとっては初めての「らんまる君」である。
わーっ!と、歓喜もあらわに近づいていくと、らんまる君は両手を広げて受け止めてくれた。
高さ的に私は、らんまる君の頭部をぎゅっと抱きしめることになる。
かわいい。
実際に会うとものすごく可愛いじゃないか。
本能的に、らんまる君の中の人が外界を見る目の穴がどこについているのか探す。
わからないので「どこから見てるの?」と、らんまる君に質問すれば、ここ、と、可愛らしく目の部分を指さされた。
 
 今回、武者行列の森可成役には私がいつもお世話になっているお城仲間の「しん様さん[URL]」が任命された。
石田三成を宇宙一愛する男(仮称)しん様さんだが、知り合って以来、みんなで一緒に各地の多くの森家史跡に足を運んだ。それできっとしん様さんも森家に魅了されての応募であったのだろう。
地球上の全生命体の憧れである森可成役に輝けるとは何という幸運だろうか。
さらに、しん様さんの勇姿を撮影するということで、共通の知り合いのお城仲間さんズもやって来ていた。
…そしてなぜか、らんまる君としん様さんが並んで報道陣?にインタビューされていた。Σ(*゜□゜*

そこへ、また新たな不思議な影が一つ。
可児市のゆるキャラ「バラんまるくん」である。
バラ+ライオンキャラでありながら、森蘭丸を尊敬してやまない設定のキャラという。特技は九九。

 正午に至って蘭丸亭(食事処)前からいよいよ武者行列の出陣である。
いつも兼山のイベントごとに再会するメンバー達とも再会。

出陣式待ちの時に蘭丸亭のトタン屋根の下で森家ファミリーが腰かけていた。
非常に長くトンがった前立つきの釘形(くぎなり)兜(イカ形兜じゃないよ)をかぶった可成役のしん様さんが、そのまま立ち上がってトタン屋根にブスーッ!ズブズブ!!とやって、前立に請求書を貼られないか皆で心配していた。

DSCF1366.jpg
森ファミリー役のみなさん
可成の甲がトタンに刺さらないか、毎年ヒヤヒヤ

トタン屋根は無事にクリアしたが、
木曽馬の鞍(毛布つき)の位置調整で、出発はしん様さんの出待ちとなった。

今年も天気がよく、着物と甲冑を着込んだ参加者の皆様にとっては炎天下の大変な行軍となった。
 
若獅子蘭丸武者行列の詳細は、鶴丸様のサイトをご覧ください。

DSCF1384.jpg
武者行列の森可成(前)
DSCF1390.jpg
武者行列の森可成(後)
 
行列途中に開催されるいつもの寸劇から岐阜のゆるきゃら「のぶさま」も参加。
兼山の町にゆるキャラ3匹。
ゆるキャラ界でも兼山は有名な場所なのか?
果たして、ゆるキャラ界に一体何が起こっているのだろうか?!

 一方、私は森家スキーの友達の子どもに「ポケモン」ごっこをしろと翻弄されていたのであった。
知って驚いたが、『ピカチュウ』というのはいまだ健在だったのか。
ピカチュウはもう10年前ぐらいからいるだろう。
あいつも、もはやいい歳になって、ほうれい線もできているだろううに、いまだお子さま世代のヒーローなのか。
さらに友達の子供からお土産にポケモン新キャラ「ママンボウ」のぬいぐるみとフリカケをもらった。
 
話を武者行列に戻そう。
途中、貴船神社のところで教育委員会の方とも再会でき、金山城の明日について語る。
森家ファミリー同様、もっともっと注目を集めて良いはずの金山城。
私の中では世界遺産になっていいんだけど、世界中から観光客があふれて私がゆっくり登りにくくなるのも困る。
 
DSCF1401.jpg
ゆるキャラ達

目の前ではのぶさまとらんまる君とバラんまるがくっついている。寸劇ではゆるキャラ達が迫真に迫らない演技をみんなに披露してくれた。
一方背後では、友達の子供がポケモンカプセルを見るようにと私をグイグイひっぱってくる…。

兼山の皆様、蘭丸プロジェクツの皆様、兼山を愛してこの地にやってくるいつもの皆様、今年も素敵なお祭りをありがとうございました。
 
さて、後ろ髪引かれる思いでまたケイさんと2人に戻って兼山を去り、可児市郷土資料館で開催中の特別展「まるわかり金山城」を観に行く。
ケイさんの分も横取りすることにより、特製しおり全2種をコンプリートすることができた。
展示には金山城跡からでてきた瀬戸茶碗をはじめ欲しくなるような発掘品が並ぶ。
近年続けて行われていた発掘調査の成果だ。

3ae3e91e.jpeg
しおり2種

その後はレンタカーを返却しに岐阜駅に向かう。
途中で
「いきなりだけど、勝山城(織田信長が美濃攻めの時に攻めた旧・猿喰城)に行きたい!!!」
と私がリクエストして道を逸れるも勝山城跡の下調べもしていないので勝山城のある山も登山口も分からずに道に迷い、夕方を迎えてきたので、やっぱり岐阜駅に向かう。

 でもやっぱり途中、携帯GPSゲーム「発見!にっぽんの城めぐり」で田代城(森家の初期の居城・蓮台城のことらしい)を攻略したくなり、そのためだけに岐阜県羽島郡の田代へ車を走らせた。データ城で田代城を攻略したのちに渋滞に巻き込まれつつ岐阜駅に戻り、その上さらに岐阜城をデータ上で攻略するためだけに岐阜城にも車を走らせ、攻略できずに(もしや岐阜城内にまで入らねば攻略できないのか!!!)また岐阜駅に向かう。

無事に駅前でレンタカーを返却して岐阜タワーで夕食をとり、名古屋駅までの移動のために岐阜駅に向かう。
そんな岐阜駅前には新たに黄金の織田信長像が出来ている。
おお、ジパング…黄金の国の光の人よ…。

DSCF1415.jpg
岐阜駅前の黄金の織田信長像
輝いてるね!削られないように手の届かない高さに黄金像があるね!

 
名古屋駅から新幹線に乗り、今日の旅が終わる。
みなさま、この度の旅もお世話になりました。m(_ _)m
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]