忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 夜中に胃けいれんを起こしてしまった。
「かかりつけの病院(何かあれば24時間いつでも連絡くれればアドバイスをすると言われていた。)に電話したい。」と夫に頼んだら、夫が消防局に電話して救急車を呼んでしまったので、ノミの心臓の私はビビって泣いた。
 救急車が来た頃には、一時間続いた胃けいれんの波も引いていて、自分で歩けるようになっていた。
緊急性がないとのことで、一旦運び込まれた救急車を下ろされた
これが、人生初の救急車だった。
 
 タクシー会社に「救急車の中にいる私を迎えにきてください。」と配車手配して、タクシーで病院へ。

 病院でも「胃けいれんを起こしてしまって。」と説明したのだけど、研修医だろう宿直の若い先生から「念のためにすべてチェックしましょう。」と、胃の部分に限らずお腹のあらゆるところを押さえられて「痛いところはどこですか?」とのこと。
「胃の部分が痛いです…。」
 ベッドに入り、エコーと血液検査と点滴をしていると、隣のベッドに眠っている急患と医者の「嘔吐」「下痢」などのやり取りが聞こえてきて、私は病院に来たことにより更に病気を得てしまうことになってしまうのではないかと、ドキドキ(;゚Д゚)!

 明け方になって、先ほどの若い先生が他の若い先生(また研修医さんかな?)を連れてきて、今から勤務交代するとのこと。
で、交代した先生がもう一度症状を確認したいとのこと。
またしても、今度は交代要員の先生にお腹のあらゆるところを押さえられて「痛いところはどこですか?」とのこと。
「胃の部分が痛いです…。」
そうして、念には念を入れて専門の先生にエコーをとってもらおうということで、またエコーでお腹のあらゆるところを押さえられた。

診断結果:「胃炎」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]