忍者ブログ
近況報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日産みたての赤ちゃんはとても元気。
一方、私は元気じゃないらしい。
出産時に大量出血した私のヘモグロビン数値がマズイらしく、病室に医師が来て
『輸血したほうがいいかも知れません。』
な説明を受ける。
比較の対象が無くて分からなかったけど、私は結構な難産だったらしい。
とりあえず輸血は最終手段にして、今は鉄剤をどんどん腕に点滴して様子を見ることになった。

一方では赤ちゃんを世話する日々が始まった。
私ときたら全身筋肉痛だし、貧血だし、森家ストーカーだし、何より出産時にできた名誉の傷が痛い。この傷の痛みさえなければ余裕をもって赤ちゃんのお世話もできるのに、ただ単に座るにも激痛でプルプル…強い痛み止めの薬をもらって飲んでも痛いし、泣けてくる。どうにか最小限に痛みのない姿勢を見つけ出して座ってみても、授乳時には助産師さんに
「姿勢がおかしいですね。」
と、座り方を正されてギャア!

さらに母親になったばかりの私は、我が子がくり返しギャン泣きしてくる原因を探るのに毎分ごとに振り回されている。
お腹がすいたのか?
眠いのか?
痛いのか?
暑いのか?寒いのか?
ウンチしたのか?
この道化どもの舞台に引き出されたのが悲しいからなのか?(by『リア王』)

私が抱っこすると反りくりかえって顔をしわくちゃにしてギャン泣きする赤ちゃんは、助産師さんが抱っこすると腕の中でまぁるく収まって桜の唇、満足そうな、おすましさん。

要求を満たしてあげたと思ってもすぐに泣きわめく赤ちゃんと2人きりでいる中、夫が見舞いに来てくれた時には、かつてこれまでにないほどホッとした。
夫婦ともどもまだまだ子育てはスタート地点。試行錯誤尽くしで、赤ちゃんの眉かピクリとなるたびドキドキさせられる。

けれど、夫が大きな腕の中に赤ちゃんを抱いてあやすのを見ていると、今まで見たことのない父親の姿がそこにあり、2人の小さな宝物のわが子がいて、
『なんか、いいなぁ…』
と、じんわり幸せな気持ちが湧いてくる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/09 うきき]
[03/08 森 秀樹]
[08/26 うきき]
[08/26 小林宏太郎]
[04/17 うきき]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ うきき記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]